彩り*

大学で心理学を勉強、アスペルガーの家族と、ADHDの男性との交際経験を持つ。経験を活かして、発達障害者の家族やその周りの方の役に立てるような内容を発信する。

ADHDの彼と過ごした体験記〜2回目のデート〜

うきうき、ドキドキの二回目のデートです。笑 

 

 

仕事が終わって(彼は休み)、会社の裏で待ち合わせ。

 

 

迎えに来てくれました♪

 

 

「若いよな~」「モテるよね」とかって、私のテンションを上げてくれる彼。

 

 

単純なので、私もノリノリ

 

 

そうしてお店に到着。

 

ふたたびカレーです(前回とは違う店)。

 

 

向かい合って座ると、どぎまぎしている彼。

 

めちゃくちゃかわいいです♡

 

緊張しているのって好印象!

 

本人は嫌だろうけど。。。

 

 

ラッシー(味違い)をふたりで頼んで飲み比べたり。

 

 

よく笑う(というか爆笑する)彼といると本当に楽しく。

 

お会計は千円くらい払いました。

 

 

正直支払いに関して彼がどう考えているのか不明で。

 

 

この件はのちに揉め ました。笑 

 

 

またいずれ書きます。

 

 

食事のあとは

 

 

「お散歩しませんか?」と言ってくれて、彼の高校が近く思い出の地らしく、近くの公園などでブラブラ。

 

 

 

個人的にお散歩好きだし、帰りたくなかったし、かなりルンルンでした。

 

 

「お試しで付き合ってみない?」

 

 

とか明るく言ってくれたり、

 

 

口説くことを忘れない姿勢にかなり押され気味。

 

 

 

「どんなところで迷ってる?」

 

 

など強気な発言も!

 

 

歩いていたら肩を抱かれたり。

 

 

なんか言葉にすると、ただの軽い男みたいだけど、どぎまぎさがあるからバランスが絶妙なんです。。。。

 

 

「まだ結婚する気がないから、時間を無駄にさせてしまうかも」

 

と言ってみるも、

 

 

「それでもいい。無駄にはしない!」

 

 

とか素敵な返答をくれ

 

 

ここまで押されて落ちない女子いるの?ってくらい、

 

 

振り返ってみても、フルコースです(個人的にね)。

 

 

そしてお散歩終了し、車へ。

 

 

おしゃべりが終わらず、なかなか発車しない彼。

 

 

絶妙な間があったりして、またエロいの笑。

 

 

見つめられたりして、我慢ならず、

 

 

 

ついに、、

 

 

キスを

 

 

 

 

してしまいました~~~🙈💕きゃー

 

 

 

 

「付き合ってくれる?」

 

 

 

 

「うん。。」

 

 

 

という、少女マンガ的展開。

 

 

しかも彼がめちゃくちゃ緊張しているのがわかるの!

 

 

それがまた、たまらなくかわいすぎて。

 

 

 

「信じられない」とか「緊張する」とかつぶやいていて、

 

 

 

 

 

 

 

本気で萌えました…🙈💕

 

 

つづく

 

ADHDは複数のものごとの同時進行が極端に苦手~二回目のデートまで

初デート後、彼から頻繁に連絡が来るようになり、すぐに二回目のデートに誘われました。

 

 

LINEでいろんな話しをして盛り上がったり、いろいろと確信をついてくる彼との会話は楽しく、いつの間にか、もっと知りたい、知ってもらいたいという、恋愛あるあるの気持ちになっていました。笑

 

 

長く付き合っていた人と別れて、少し恋愛から遠ざかっていたこと、結婚観について、などなど、いろんなことを話しました。

 

 

 

 

次の予定が少し先になってしまったことについても、

 

「待ちきれない」

「遠いな~」などと、とことん素直(彼曰くw)なところにも惹かれていきました。

 

 

 

彼の恋愛遍歴については、高校生のころにひとり好きになった人がいて、ずっと何年も好きだったけれど、結局結ばれなかったとのことで、それ以外は何もないと。

 

 

 

これについては、嘘みたいな本当の話しだと思ってます。

 

 

 

 

ADHDはじめアスペルガーなど自閉傾向のある発達障害者は、興味の偏りが大きく、好きなことはとことん、それ以外はさっぱりということが多いのです。

 

 

 

 

また、複数のことを同時こなすことが極端に苦手!

 

 

 

彼曰く、自分の人生や仕事のことでいっぱいで、「恋愛ってなに?結婚ってなに?それおいしいの?」っていう状態だったとのこと。

 

 

 

 

最初こそ、どんなに忙しくても恋愛のひとつやふたつできるでしょ、という気持ちでしたが、彼が嘘を言っていないことはなんとなく分かりました。

 

 

 

 

そして発達障害だと分かってからは、すべてが腑に落ちたのでした。

 

 

 

 

「こんな気持ちになったのははじめて」と言ってくれた言葉も、嘘ではないと思いました。

 

 

 

 

そうして、やっと二回目のデート♡につづきます

ADHDの彼と過ごした体験記〜初デート ドライブ 告白編〜

おはようございます🌞

 

 

初デート最終回です

 

ドライブしながら、

 

 

 

早々に言われました!!

 

 

「みちるさん、モテそうですね」

 

「そんなことないですよ💦」

 

「いや、僕は好きです」

 

「…」

 

「〜…」

 

 

 

「あははー!えー!ありがとうございます😊」

 

 

という感じ笑

 

「おじさんダメですか?笑」

 

「そんなことないですよ!年齢気にしません!」

 

「良かった〜〜!」

 

 

彼はこのとき42歳で

 

私と15歳差。

 

でもちょうど、すごい歳上と付き合ってみたい、と思っていた頃で

 

 

大歓迎でした

 

しかも見た目はアラサーだからね、

 

一回りも歳上だったら甘え放題みたいなイメージあったけど

 

実際はそんなことなかった…

 

 

彼と付き合って、年齢って関係ないんだなぁと実感

 

 

なので今はできれば35歳以下希望です!笑

 

 

 

 

海?に着き、少しおしゃべり

 

 

 

 

 

好きなタイプは?とか

 

 

聞かれたかな

 

 

彼はとことんストレートで好感度マックスでした

 

 

 

 

 

 

この人何がしたいの?

 

っていう回りくどいの嫌いだから

 

 

ストレートで嬉しかったなぁ♡

 

 

「みちるさんとご飯に来られて幸せです」

 

 

とか言ってくれたり

 

 

かわいすぎる♡!

 

 

体調も悪いので、そろそろ帰宅することに

 

 

お別れが名残惜しい気持ちでした

 

 

 

到着すると

 

 

 

「また会ってくれますか?」

 

と言ってくれて

 

 

 

私はすでに抱きしめられたい気持ちになっていたのでした

 

 

 

 

ひとまず握手のみで解散

 

 

 

熱がありながらも、

 

 

楽しいデートでした♡

 

 

次回につづく

 

 

 

 

 

ADHDの彼と過ごした体験記 ~初デート2 ~

前回のつづきです。

 

 

書き忘れてましたが、デート当日

 

実は熱があってw

 

でも行きたくて!

 

薬飲んで行きました。笑

 

 

私は無理するタイプじゃないので、よっぽど行きたかったんだと思う!

 

 

そして、食事中にキュンポイント♡

 

 

食欲がないところに大盛みたいなカレーが運ばれてきてw

 

 

 

「…」ってなってたら、

 

 

「無理しなくていいよ、おれが全部食べる!」

 

 

って明るく言ってくれたこと。

 

 

ツボでしたね。。♡

 

 

私は昔から食が細く、量が食べられない&昔は好き嫌いも多く、食べるのが遅かった!ので、

 

食事に関してはコンプレックスというか、トラウマがすごいんです!

 

 

今でもまだ人と食事するのが苦手だったり、一人前として運ばれてくるようなシェアしないタイプのメニューは特に苦手。

 

 

食べなきゃっていうプレッシャーとかがすごいの。

 

 

だから、食事に関して、

 

「無理して食べなくていいよ」

 

とかちょっとフォローされるだけですごい響くんです!

 

そんなこんなで、かなりポイントアップして食事終了。

 

 

帰りは、送りますっと言ってくれたので、一緒に駐車場へ。

 

 

この時点でわりと帰りたくない気持ちになってたので、今思えば相当きてたと思います!

 

 

恋愛って、希望を持てるかどうかが本当 に大事。

 

わからないけどこの人何かありそう!っていう、掘れば何か出そうという根拠のない希望と期待。

 

 

 

 

 

そして彼の車へ♡

 

 

少しドライブして帰ろう、と言ってくれてトキメキマックス。笑 

 

 

「どうする?」とか、「帰る?」とか、探られるの大嫌い。

 

ストレートがいちばん♡

 

 

長くなったので、

 

次回ドライブデートにつづきます♪

ADHDに向いてる仕事ってなんだろう

彼とは今でもときどき連絡をとっています。

 

 

こないだ、話していたら仕事の話題になり

 

 

彼曰く

「仕事は我慢して我慢して人の役にたつもの」

 

だそう。

 

 

「楽しくて楽しくて人の役にも立ってたら仕事じゃないの?」

 

 

 

とは言いませんでしたが、

 

 

私は違うと思っています。

 

我慢して我慢して、そこまで我慢しなくてはいけないのは、単純に向いてない(苦手)もしくは嫌いなことなのでは?と思います。

 

 

でもきっと彼にとっての仕事はそうだったのでしょう。

 

 

そう思うと少し切なくなりました。

 

 

彼の仕事は事務系の管理職です。

 

 

はっきり言って、まさに、うん、向いてないと思います。

 

 

ADHDは細かいことが苦手、

 

じっとしているのも苦手、

 

ものごとを順序だてて効率よく進めることも苦手、

 

自閉症アスペルガーなどの発達障害の特徴を併せ持つことも多く、

 

 

対ひと

 

の仕事も得意ではないと思います(ものをはっきり言いすぎる、空気読めない等の特徴から)。

 

なので事務×管理職ってはっきり言って最悪だと思う。

 

 

一方で

 

発想力、創造性などに優れたアイディアマンであることが多いので、

 

 

ズバリ

 

企画・制作関係が向いていると思います。

 

 

彼の場合は、芸人やプロデューサーを目指していたことがあったのですが、

 

 

進学・就職で挫折した経験から、

やっと手にした安定した会社での地位を手放すことが怖くて、制作業に飛び込めなかったとのことでした。

 

今とは時代も違うしね 。。

 

 

 

もっと向いてる仕事、やりたい仕事、楽しいことに、発達障害の人たちが挑戦・活躍できるようになったらいいなと思います。

 

 

だって仕事って人生を豊かにしてくれる大切な存在だし、

 

本当は楽しいものであると私は思うから。

 

 

 

 


まとまりがなくなったので、この辺で終わります〜〜

ADHDの彼と過ごした体験記*初デート

こんばんは♡

 

今日は寒いと聞いたので厚着しすぎて、

 

暑いです笑

 

つづきです

 

やっと初デートまで来ました!

 

前回のつづき

 

私のテンションをアップさせた彼の言葉とは

 

 

 

俺は車で行くけど、迎えに行こうか?

 

 

 

 

 

です〜〜💓

 

 

単純だなぁと思われるかもしれませんが

 

 

恋愛から遠ざかっていた身としては

 

迎えに行こうか?

 

 

 

なんて言われたの久しぶり😻

 

 

結局方向が逆だったので

 

待ち合わせにしたのですが…

 

 

お休みの日だったので、ランチがいいと彼が言ってたのですが

 

前日?に確か夜にしたいと言い出し

 

当日を迎えました。

 

そして5分前に到着

 

が彼はなかなか来ません…💦

 

20分くらい遅れて

 

やっと到着…

 

初デートから遅刻!?

 

スタートは若干気分が下がりぎみ

 

 

でも楽しく食事🍽❤️

 

衝動的な彼は、思いつきで北海道に旅行に行っていたらしく、予定変更もそのため

 

お土産を買って来てくれてました❤️

 

そして

 

ちゃんとお話ししたいって思ってたんだ

 

 

とか言ってくれて

 

真っ直ぐな彼に好印象を抱きました

 

 

 

彼の趣味(芝居)の話しなどを聞いて

 

 

 

お店を後にしましたー!

 

 

 

 

つづく

大東めぐみさんのセミナーあんど出版記念パーティー

こんな時間に更新

 

昨日は、女性起業家として成功されている大東めぐみさんの出版記念パーティー兼セミナー(at東京 銀座)に行ってきました✨

 

すでに電子書籍で本を読んでいて、

ブログもときどき拝見しており

 

エネルギーをいただいて

元気になりたく😊

 

パワフルで、めちゃくちゃ面白い方でした!!

 

気づきの多い、元気をもらえる会でした

 

行ってよかった♡

 

 

f:id:charo0505:20180527030123j:image

 

めぐみさんに言われたことで印象に残ったこと

 

*価値観と愛情を混同しないこと*

 

これは私が母親のことを相談したら

言われました

 

親子関係ってほんとに大事で

 

知らず知らずのうちに自分の中に作られる制限や価値観は、親の影響が本当に大きいと思う

 

私の母は忍耐が美学で

継続は力なり

石の上にも三年

 

という価値観を持った人で

 

私は幼いころからよく

 

とにかく続けること

 

途中でやめたらだめ

 

逃げたらだめ

 

と言われて来ました

 

でも私は飽きっぽくて正直なうえにせっかち!

 

違うなって思ったことを三年も続けることなんて出来ない

 

忍耐が美学だなんて思わない

 

だからそこは合わないんですよね

 

子どもの頃は、何でもやめることは逃げることで、それはすごく悪いことだと思ってた

 

今でも、どこかで母にその類のことを言われるとブレる自分がいて

 

日本は特にまだまだ保守的な文化があると思うので

 

めぐみさんに質問

 

母の価値観とどこかで合わせたくてブレるのはどうしてだろう

まだまだ目標や軸が定まっていないからなんだろうか

めぐみさんはそういう世間の意見を受けたときどうする?

 

このあたりを伺いたく

 

そしたらめぐみさんが

 

価値観と愛情を混同しないこと

 

と仰いました

 

母が私を愛してくれていること

私が母を愛していること

 

それと価値観が違うということは別問題

 

価値観が違うからって不安になったり

 

批判されているような気になったり

 

落ち込んだり

 

もちろん合わせにいくようなことはしなくていいってこと

 

価値観が違っても母が私を愛して、応援してくれていることは間違いないのです🙆

 

だから自信を持って、自分の思う道を歩いていこうと!

 

改めて思いました

 

母親のブロックってほんとにすごいなぁ

 

それにしても

 

めぐみさんは他のいろんな質問にも

 

自信を持って、的確に答えていらして

 

本当に芯のある方なんだなーと思いました✨

 

そして、

 

*自己分析の大切さをあらためて認識*

 

自分が何をしたいか

何をしたくないか

 

これをもっと明確にして

 

自分の笑顔を増やすこと

 

これには本当に共感♡

 

やりたくないことはやらない!

 

好きなこと

嫌いなこと

 

これの理由をきちんと掘り下げて

 

 

まずは自分がどうしたら喜ぶか

 

これを突き詰めていくこと

 

思い切って

 

嫌いなもの

 

エネルギーを奪うものを捨てること

 

惰性でやらないこと

 

これはもっと徹底していこうと思った

 

後パリのお話しは面白かったのでまた書きます〜

 

 

あ!!抽選でアロマが当たりました♡

 

 

嬉しい〜♪

 

f:id:charo0505:20180527045514j:image

 

写真暗くてわかりづらいけど

 

とってもいい香り〜💓

 

それでは良い休日を✨