彩り*

大学で心理学を勉強、アスペルガーの家族と、ADHDの男性との交際経験を持つ。経験を活かして、発達障害者の家族やその周りの方の役に立てるような内容を発信する。

ADHDは複数のものごとの同時進行が極端に苦手~二回目のデートまで

初デート後、彼から頻繁に連絡が来るようになり、すぐに二回目のデートに誘われました。

 

 

LINEでいろんな話しをして盛り上がったり、いろいろと確信をついてくる彼との会話は楽しく、いつの間にか、もっと知りたい、知ってもらいたいという、恋愛あるあるの気持ちになっていました。笑

 

 

長く付き合っていた人と別れて、少し恋愛から遠ざかっていたこと、結婚観について、などなど、いろんなことを話しました。

 

 

 

 

次の予定が少し先になってしまったことについても、

 

「待ちきれない」

「遠いな~」などと、とことん素直(彼曰くw)なところにも惹かれていきました。

 

 

 

彼の恋愛遍歴については、高校生のころにひとり好きになった人がいて、ずっと何年も好きだったけれど、結局結ばれなかったとのことで、それ以外は何もないと。

 

 

 

これについては、嘘みたいな本当の話しだと思ってます。

 

 

 

 

ADHDはじめアスペルガーなど自閉傾向のある発達障害者は、興味の偏りが大きく、好きなことはとことん、それ以外はさっぱりということが多いのです。

 

 

 

 

また、複数のことを同時こなすことが極端に苦手!

 

 

 

彼曰く、自分の人生や仕事のことでいっぱいで、「恋愛ってなに?結婚ってなに?それおいしいの?」っていう状態だったとのこと。

 

 

 

 

最初こそ、どんなに忙しくても恋愛のひとつやふたつできるでしょ、という気持ちでしたが、彼が嘘を言っていないことはなんとなく分かりました。

 

 

 

 

そして発達障害だと分かってからは、すべてが腑に落ちたのでした。

 

 

 

 

「こんな気持ちになったのははじめて」と言ってくれた言葉も、嘘ではないと思いました。

 

 

 

 

そうして、やっと二回目のデート♡につづきます